STORY

西暦2070年。
生身の人間による音速レース「ソニックラン」の
10期連続チャンピオン・豹二郎ダイアモンドは苦悩していた。
1.71音速という理論的限界を達成してしてすでに数年が経ち、
もうこれ以上走る意味を見つけられない。そんな彼の前に、理論値を超え、
1.75音速で走る前代未聞の新人ランナー・ライデンが現れた。
それは豹二郎にとって、絶望なのか、それとも希望なのか?
答えのでないまま再起不能の大怪我を負った彼は、奇蹟のカムバックを信じ、
たったひとり、マンハッタン遺跡の砂漠でトレーニングを開始した。
果たして豹二郎ダイアモンドは復活し、
自分の力で限界を超えることができるのか? 
ライデンが1.75音速を超えることのできた秘密とはなんなのか?
人類の可能性を掛けた灼熱の戦いが、
今、サーキットの上で始まろうとしていた

PAGE TOP